crème+crème / クレム・クレム & THE PRIMAL. / プライマル オーナーのブログ。気になったアイテムや日々の出来事を語ります。


by noir-noir-by-cc

カテゴリ:noir+noir( 4 )

ナイスタウン〜♪

月刊 "NICE TOWN" さんに掲載されました〜!

a0199762_1524515.jpg


ちょっと恥ずかしいのですが、よろしければ是非NICE TOWNをお買い上げになり、ゆっくりとご覧いただければ幸いです。

今月号の特集は夏麺!

貴重な情報が沢山掲載されてます♪
[PR]
by noir-noir-by-cc | 2012-06-30 15:24 | noir+noir

自己満足って大切!

ジュエリーや腕時計など、手に入れたらほとんどの方が購入当時のままで使われている方が多いです。そして飽きちゃって、着けなくなったとか良く聞く話。

着けているとどこか気になったり、色々ありますよね。けど、自分流にアレンジしちゃえば良いのですっ!

例えば、長さが変えられないネックレス。凄く気に入って着けてたけど、最近買ったお気に入りの服に長過ぎて見えなくなってしまう。では、長さが自由に変えられるアジャスターパーツを付ければ、短く装着出来ます!

いつも着けてる腕時計。いつも一緒で何だか飽きて来て。では、ブレスレットスタイルにしたり、レザーストラップの色や素材を変えてみたり。結構リーズナブルに出来るのです。

私は自分流に何でもアレンジしたり、プロデュースする天才ですっ!(笑)あ〜ぁ、言っちゃいましたね〜。(笑)

例えば先日手に入れた通勤快適車「smart fortwo 450」。

やはり、私は英国が大好きなので、英国ににまつわる何かが良いなと色々と考え、、、。

今のニューミニ、もちろん嫌いじゃないのですが、「ちょっとでかくない?」という気持ちも少々ありまして、1959年の発売当時からの発想からズレているのではという疑問もあり、ニューミニってこんな感覚だったら良かったのにな~と思って手に入れたsmart。

そう言う事もありまして、「もし、John Cooperさんがsmartをモディファイしたら、、、。」をコンセプトに手を加えて行こうかと。(笑)

※ちなみにCOOPER CAR CO.は1960年代当時、F1コンストラクターとして、初めてエンジンをミッドシップレイアウトにして走らせたチームとして有名。

こんなこと誰もしないでしょうね~。だから面白いんです!(笑)

で、取りあえず、決めた事が少々ありまして、

1、エンジンはモディファイしない!
2、ROMチューンもしない!

そして、第一弾!
純正は前後にアシンメトリーでCooper Sのシフトに慣れていると変な感じ。出来るだけ頭が真円な感じが良いなと。なにやらブラバスというのがこちらの世界では有名みたいで、ホイールとかエギゾーストパイプとかチョコチョコ出ているみたいで、色々吟味して手に入れたのはブラバスのシフトノブ。精度の良いアルミにリアルレザーが巻かれています。どうやら451用として作られている様ですが、450にも問題無く装着可能です!

a0199762_1526574.jpg


で、早速Photoshopでグリグリいじって5分で完成~!

元々上の部分はブラバスのBマークだったのですが、COOPERロゴに変えました。^^

a0199762_15273980.jpg


自己満足なのです!

けど、毎日身に付けるもの、毎日乗るものです。

自分が語れるモノ、元気を与えてくれるモノ。

そう! モノは自分次第なのです!

ジュエリーや腕時計の販売&コーディネートはもちろん、車やインテリア、紙媒体デザイン、建築デザインなど、様々なご相談をお受けしておりますっ!


ライフスタイルプロデューサー
澤田武志
[PR]
by noir-noir-by-cc | 2012-06-25 15:26 | noir+noir
最近さらに寒さが増してきました。
いかがお過ごしでしょうか。
昨夜は珍しく街中でも雪がちらついてました。
ニュースでは毎日の様に北陸や東北の降雪状況を報じていますが、それを見るたびに「大変なんだろうな〜。」といつも思います。

去年の12月にそれまで愛用していたAppleコンピュータ[PowerBook G4 12]を手放し[MacBook Air 11]に新調しました。

デザイン性の高さ、モバイル性の高さ、機能性の高さに大変満足しながら使っています。

いつもバッグの中に入ったオーガナイザー(クッション内蔵)にそのまま入れて持ち運びをしているのですが、バッグのファスナーでmacにキズを入れてしまいました。

あまりに悲しかったので「やはりインナーケースは必要だ!」と思いまして、色々と調べ上げました。

素材、デザイン、様々なものが発売されていますが、なかなか自分らしい「これ!」というのが見つかりません。

半分諦めかけて妥協をしようかと考え始めた時に偶然「これしかない!」と思えるものを発見。

a0199762_20522081.jpg英国製の[Globe-Trotter](グローブ トロッター)です。
ヴァルカンファイバーという特殊な素材を用いた最軽量スーツケース。この素材は、特殊紙の上に16層もの樹脂をコーティングして作られた、創業当時(1897年)からずっと変わらない素材。

エリザベス女王、ダイアナ妃のハネムーンに使用された事は有名で、英国王立空軍のパイロットや英国を代表する数多くの著名な冒険家たちに愛されています。

グローブ・トロッターの最大の特質は、その軽量さと頑強さにあります。ヴァルカンファイバーと呼ばれる創業当時から変わらない特殊素材で作られたこの鞄は、たわむことによって力を逃がし割れや歪みなどの損傷から守ります。

そんなグローブ トロッターが去年リリースしたのが[CLIPPER](クリッパー)。A4ファイルやiPadを入れることが出来るシリーズ。製造が追いついていないのか、グローブ トロッターのオフィシャルサイトでも発売延期中とあります。


そうなると、どうにかしてでも手に入れたいと強く思い始め、英国はもとより、欧州、米国なども探し尽くしましたが在庫をストックしている店が見つかりませんでした。
そしてふとしたことでBARNEYS NY(バーニーズ ニューヨーク)でさらにレアなダブルネームを発売している事を知り、直ぐに連絡し取り置き依頼。ようやく昨日手に入りました。インナーケースが入っているとは思えない様な、きちんとした箱に入っています。箱には箔押しのロゴが光り輝いています。

a0199762_20543828.jpg
箱を開けると、トレーシングペーパーに包まれたCLIPPERが。
バーニーズ ニューヨークとのコラボレートアイテムの証であるロゴマーク&赤いレザーボタンが個性を主張しています。
グローブ トロッターの通常バージョンはヴァルカンファイバー部分はブラックではなくネイビー。バーニーズ ニューヨークのロゴマークは無く、赤いレザーボタンはブラックになります。

縁に打ち込まれたリベットは、グローブ トロッターらしい何とも言えない雰囲気を醸し出しています。下部の角部分はしっかりとしたレザーで保護されています。



a0199762_21123311.jpg
浮き文字のロゴマークはスーツケースなどにも良く見られる意匠です。



a0199762_21194217.jpg
赤いレザーボタンは厚みのあるしっかりとしています。柔らかなレザーで作られた紐部分は、素早い動きにも着いて来てくれます。



a0199762_21205836.jpg
インナーはしっかりとウレタンスポンジの様なもので覆われ、MacBook Air 11 をキズや衝撃からきちんと守ってくれそうです。



a0199762_21202526.jpgMacBook Air 11 を収納するとこんな感じです。パーティションが同封されていましたので、他にも一緒に入れる事が出来そうです。



自分らしい、良いものを見つけるのは、一苦労です。
しかし、探している時は色々なものを見て楽しめ、手にしてからは満足感に浸れます。(笑)

弊社ストアのアイテムもこれに近い感覚で見つける事があります。

Something different, something creative.

優れたプロダクトを見つけるには様々な出会いが必要で、出会いは自分で作って行かなくてはいけないものですね。







[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-01-30 20:20 | noir+noir

BLOG Begins

ファインセレクト、オーダージュエリー&ウォッチSHOP「crème+crème」(クレム・クレム)のオーナーをしてます。

今日から気になったアイテムや日々のちょっとした出来事を掲載していきます。

よろしくお願いします。


先日、某有名南米系ネットショップにて、とても気になる本があったので購入してみました。

a0199762_157252.jpg
本のタイトルは "INTERIORS by yoo" 、ジョン・ヒッチコックス氏が

フィリップ・スタルク
ケリー・ホッペン
ジェイド・ジャガー
マルセル・ワンダース

などのデザイナーがこれまでにクリエイトしたインテリアの中から厳選して紹介する本です。
かなりしっかりしたハードカバーで出来ており、まだパラパラッとしか見れていませんが、それだけでもかなり引き込まれそうになるボリューム。

今までデザインしてきたインテリアには、ほとんどと言って良いほどフィリップ・スタルク、ロン・アラッド、コンスタンチン・グルチッチの作品を使ってきました。
何故それを?  と言われると私は困るのですが、、、良いものは良いのです。

この本には未公開インテリア画像も掲載されている様で、デザインの勉強には書かせない必需品になりそうです。






[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-01-17 01:01 | noir+noir