crème+crème / クレム・クレム & THE PRIMAL. / プライマル オーナーのブログ。気になったアイテムや日々の出来事を語ります。


by noir-noir-by-cc

カテゴリ:Others( 7 )

先日「フリューゲルホーン(フリューゲルホルン)(Flugelhorn)」を購入しました♪

a0199762_0524033.jpg


多分、ほとんどの人が「なにそれ?」と思いますよね。
トランペットより縦幅が大きくて、パイプも太くなっています。
優しくダークな音がします。
ジャズをCDで聴いていて、なんだか含みのある優しい音だな〜と思ったら大抵フリューゲルホルンです。

フリューゲルホルンはその昔、ほとんどのプレイヤーがフランスの製品を使っていました。
当時からフランス製のフリューゲルは評価が高かった様です。

1960年あたりに製造された王道とも言われるCUESNON(ケノン)の製品を最初は探していましたが、仕事柄細部の作りに不満があり、どうせならこれから自分の歴史を刻んで行く新品が良いと言う事になりました。

このフリューゲルはフランスの「HENRI SELMER PARIS」(アンリ セルマー パリス)いわゆるセルマーの製品で1904M CONCEPTというモデルです。
セルマー社は昔から木管楽器で有名ですが、金管も作ってるんです。
しかし、残念な事に去年当たりに金管楽器の製造は止めてしまったらしく、このフリューゲルはセルマーの最後の製品になります。

a0199762_0554645.jpg


表面仕上げは珍しいブラシマット仕上げになってます。
通常の製品はツヤツヤな感じですが、これは何とも言えない光り方をしてくれます。
そして細かい部分の作り込みがきちんとしてて美しいです♪
パイプの取り回し部分など見ているとワクワクします。(笑)

a0199762_0531743.jpg


あ、そうそう。
実は元々トランペットを小さい時からしておりまして、そのトランペットがセルマー社のもので、やはりセルマーやね!という案外安直な考えでもあります。(笑)

そう!私は一途なのです。(笑)

さてさて、このフリューゲル、英国のウェールズの楽器店より本日到着。

実は元からマウスピースが付いて無い製品で、フリューゲル専用マウスピースは現在米国からの飛行機の中だそうです。(笑)

けど、やはり目の前にこう言うのがあると鳴らしたくなるもので、、、トランペットのマウスピースを試しに付けると、、、先だけ入りました♪

鳴らしてみると、ん〜!やはり良い音!

マウスピースの形状によってもかなり音の雰囲気が変わって来るので、到着まで鑑賞して楽しみます。(笑)

1年後くらいに人に聴かせられる様に練習を積み重ねて行く予定です♪
[PR]
by noir-noir-by-cc | 2012-03-13 23:00 | Others

UDONカルボナーラ

今日は一日休みをいただいておりました。

昼にTVを観ていたら、若手の有名イタリアンシェフが、うどんでカルボナーラを作りはじめまして、ついつい見入ってしまい覚えて作ってしまいました。

a0199762_20291510.jpg


UDONカルボナーラ 材料

うどん 適量
クリーム 適量
卵黄 適量
ベーコン 適量
タマネギ 適量
黒こしょう 適量
水 適量
粉チーズ 適量
隠し味 適量/秘密!

全部適量と記載してありまして、、、分量を忘れてしまいました。(笑)

基本のカルボナーラの作り方や分量は元々頭にありますので、忘れてしまった分量は今までの感覚を頼りにイメージで調理しました。

これはUDONじゃなくても最高のレシピじゃないかと思う程、良い味出てました。
秘密の隠し味がポイントですね!

お知りになられたい方はcreme+cremeにお越し下さいませ!















[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-09-13 20:31 | Others

武士道

今日は比較的早めに帰宅出来たので3ヶ月ぶりに映画「LAST SAMURAI」を観ました。

a0199762_117497.jpg


今まで何度も観ていますが、観るたびに視点が変わり新鮮な気持ちで観る事が出来ます。



世界中には沢山の国があり、それぞれのオリジナリティを持っているものですが、グローバル化される事により、そのオリジナリティが消えて行く。

良くも悪くも全てがグローバル化されていく。

発展こそ全てと人類は信じ、それを全うし続けている人類。

形あるもの全てがその様を変え、新しいと言われるものに変貌し、それが良しとされる。

今、世界の経済は日に日に低迷を続け、発展が全てとされてきた故に、沢山の人々が苦痛を感じ日々生き抜いているが、自殺者も増えている。

我々の祖先がどう生きて来たのか、、、。

歴史を振り返ると、不思議と繰り返される物事が多い、、、。


武士道とは、義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義。


あまりに時代が人々の精神よりも先へ行ってしまった為に、バランスが崩れつつある現代。

今こそ我々の祖先が重んじて来た日本人としての心を思い直す時なのかもしれない。















[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-08-12 01:22 | Others
オクラ、トマト&豚バラのうどんつけ麺!

a0199762_2133436.jpg


今日の晩ご飯です。
本当は缶のホールトマトではなく、普通のトマトを使いたかったんですが、先ほどトマトを買いに行ったら青いのばっかりでした!
○中さん、お願いしますよ〜。
案の定、ワゴンに載ってるトマトはほとんど売れてませんでした。(笑)
オクラはへたの部分をきちんと削ぎ落として2分割。
出し汁を作って、ガーリックのスライスを投入。
これでコクが出ます。
そして豚肉を投入して色が変わったらオクラとトマトを入れ、蓋をして5分程煮たら完成。

冷やしたうどんを熱々のスープや具材に絡めて食べます。
美味しいですよ〜!















[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-08-01 21:35 | Others

初体験

今日、初めて競輪を見てきました。

いつも大変お世話になっている金沢のSunDanceさんのオーナー梁瀬さんとのご縁で競輪選手である小嶋敬二さんとお知り合いになることができ、小嶋さんが高松競輪場で走るので梁瀬さんが応援に来られるという事で、同行させていただきました!

実は私、学生時代は自転車競技をしてましてインターハイ&国体を経験させていただいたのですが、その後もオリンピック等の自転車競技がTVで放映されるたびに必ず日本を応援してました。

バルセロナの時に小嶋さんは選手として出場されているときから私はファンでもありまして、こういう形でご縁が出来た事に本当に感謝しています。

高松競輪場はロードレーサーとして活躍していた時に長距離選手としてバンクを走る為に、選手通用口からいつも入っていたので、普通のお客さんの入り口から入場するのは初めてでした。
入り口が違うだけで、こうも印象が変わるものかと、かなり驚きました。

バンクの直ぐ横で観戦していたのですが、やはりA級とS級選手の走りは全く迫力が違います。
風きり音が全然違うんです。

競輪は自転車の格闘技。
選手はしっかりとしたヘルメット(通称玉ヘル)やミルスペックの様なナックルガードが付いたグローブ、そして体には鎧の様なプロテクターを装着して疾走します。

ゴール地点あたりでは時速80kmに達し、そんな中で体をぶつけ合いながらゴールしたりする事もしばしば。
時速80kmで走行する車の窓から手を出すと、もの凄い風圧を感じますよね。
その風圧を選手達は感じながら走っているのです。
落車して大変な怪我を負う事もあるそうなのですが、時速80kmで走行中の車から落ちると、、、そりゃ大怪我しますよね。

真剣勝負なのです。

そんな競輪選手はやはりプロスポーツ選手。
日々の過酷な練習はもちろん、筋肉を作る為の食事管理もバッチリ!
小嶋選手の筋肉はいつでも戦闘モードにセットアップされています。

1.5周に掛ける選手の必死な光景を目の当たりにして、また自転車に乗りたくてウズウズしてきました。

また小嶋さんの試合、見に行きたいな〜。
怒濤の勢いで後ろからまくり上げる走りを見たい!

梁瀬さん、小嶋さん、ありがとうございました!











[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-07-15 23:20 | Others

TSUYU?

梅雨なんでしょうか?(笑)

外ではかなり多めの雨が降っています。

私は晴れより雨が好きです。

街は綺麗になり、緑が潤います。

去年から自宅に湿度計を付けているのですが、目盛りは70や80を指したりします。

ちなみに冬はだいたい40でした。

湿度が高くなると、今まで感じられなかったにおいがどこからかやってきます。

それはあまり気分が良いものではないので、においの元を絶ったり、パナソニックのナノイーで改善させたり。

アロマキャンドルも使ったりします。

今まで様々なキャンドルを沢山試してきましたが、LAのDayNa Decker(デイナデッカー)は他のアロマキャンドルの追従を許さないほど魅力的です。

a0199762_19195221.jpg

元モデルのデイナ・デッカーさんは、何度も試行錯誤してこのアロマキャンドルを開発したそうです。

何より見た目がスタイリッシュ。
ボタニカ、フローラ、クチュールの3つのシリーズを展開していて、全てガラスで出来ています。
スマートなデザインで、インテリアにスッと馴染んでしまいます。



a0199762_19234066.jpg

そして、アロマキャンドルに最も大切なポイントである「香り」。
「におい」じゃなくて「香り」ですよ。(笑)
どのアロマキャンドルよりも香りのエッセンスが濃いんです。
しかもそれが全て天然由来のもの。
ちなみに火を付けなくても部屋中ほのかに香ってくれます。

通常、アロマキャンドルは芯に化学合成繊維を使っているのが一般的です。
デイナデッカーは木を使っています。
その名もEco Wood Wick(エコ ウッド ウィック)。
火を点すことで、繊細にパチパチと木がはぜる音が聞こえ、目をつむるとあたかも暖炉の前にいるかのような感覚をもたらしてくれます。
そして、化学合成繊維よりもススが少ないです。

是非動画で雰囲気を体感してみてください。

http://youtu.be/vulkYVSvqZE

店頭にも展示していますので色々な香りを体感していただけます。
もちろん、火を点すことも出来ますよ。

仕事が終わったらお家でゆっくり。
良い香りで癒されたいですよね。






[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-05-26 19:38 | Others

ボロネーゼとバーレスク

少々遅めのGWオフを取っています。

と言っても2日間だけです。(笑)

いつも何かするにしても自分に取って意味があるものにしたい(自己満足です)と自身に言い聞かせているので、まずオフのスタートは料理。

先日、某イタリアンレストランのボロネーゼのレシピが手に入ったので再現してみました。

今回はホールトマトを1.6L使います。

a0199762_237245.jpg



ニンジン、タマネギやセロリなどをみじん切りにしてオリーブオイルで炒め、合挽ミンチに下味を付けて一緒に炒めて焼き色を付け、、、
a0199762_2372142.jpg


ホールトマトを適度につぶしてローリエなどを入れてゆっくり煮込み、、、
a0199762_2373485.jpg


そして完成。
a0199762_237468.jpg


どう盛りつけをしようか悩みながらパスタを茹でているとひらめきました。
イタリア・ボローニャから見えるアペニン山脈の山をイメージして。(笑)

高知のフルーツトマトが手に入ったのでそれを茹でてトッピング。
パルミジャーノ・レッジャーノの雪を降らしてみました。(笑)

え?味?まあまあです。(笑)

先日、ごんさんにいただいたエスプレッソメーカーBAR41。
いただいてから毎日ラテアートの練習をしていますが、ミルクをクリーミーにするのが大変難しい。
OXOの計量カップ(プラスチック)ではミルクの回り方や肌で感じられる温度が違う様で上手く行きません。
とりあえずRattle WorksラトルワークスのミルクピッチャーでもGETした方が良さそうです。
今はまっているエスプレッソの件は次回のブログで。

食後にカプチーノでも飲みながら龍馬伝を観ようとTVをON。
「ん?前に観たのとシーンが飛びすぎている。」と奥さんより指摘を受け、確認して見るとディスクを1枚飛ばして借りて来てしまった事を発見!(涙)
一緒に借りて来たBURLESQUEバーレスクを鑑賞しました。
a0199762_238146.jpg


クリスティーナ・アギレラのパワフルな歌唱力に改めて感動しつつ、普段なかなか見る事の出来ないショウビジネス界の華々しいセットデザインや、立体感や美しさを強調するライティングに感動しました。

ついつい「ディスプレイを活かす為のベースセット構想」を考えてしまいました。
GWオフなのに、、、。(笑)





[PR]
by noir-noir-by-cc | 2011-05-09 23:14 | Others